About

北海道には四季折々、
品質がよく季節ごと「旬」を感じてもらえる食材が実に豊富です。
シェフが惚れた雄大な大地が育んだ食材の数々を、
独創性豊かにパスタに仕立てています。
パスタのソースは和食を経験したシェフだからこそ、
シンプルに「美味しい」と感動してもらえるよう、
試行錯誤を重ね時間をかけて仕込んでいます。
心に感動を与えるパスタを
これからも生パスタ専門店レヴァーロは目指します。

Chef

堀 竜史Ryuji Hori

堀  竜史

シェフを志すルーツは祖母が営む居酒屋でした。
馴染みのお客様が「母さん、また来たよ」と来店してはお客様がまるで「家族のように」食事をして笑顔でお帰り頂く。
そんな様子を幼いころから見ていました。
愛情を持って料理を作り、人を好きになることでこんなに素晴らしいお店が出来るなら…と、迷わず選んだ作り手の道。
10代に寿司店で修行し、その後和食のお店へと修行の場を変えました。
その後、数年たったある日に出逢ったのが生パスタでした。
小麦の味、もちもちとした食感、そしてパスタによって変わるソースとの相性など、知れば知るほど手軽でありながら奥深いイタリア料理にのめり込んでいきました。
「生パスタ」との出会い、そして幼いころに見た「祖母のお店」、点と点が線となり一念発起。
激戦区円山で生パスタ専門店のお店を構えることを決意し、現在のレヴァーロをオープンしました。
日本のみならず、ヨーロッパでも「旬」はとても大切に考えられています。
レヴァーロでは「旬」をいち早くお届けするため、菜園を設け北海道の大地で育てる無農薬自家栽培の野菜をその日の朝収穫。
季節ごと、収穫したてのズッキーニやカブ、トマト、ハーブを用いたパスタメニューもお出ししています。
時間を費やし納得のいく生パスタ料理と、北海道の息吹、そして旬を感じ取れるパスタを肩ひじはらずに「また来たよ」と食べていただきたい。
それが僕の願いです。
その為に今日もお客様一人ひとり、家族をもてなす心で愛情をこめてパスタを作っています。

Selected

広大な大地、北海道は四季に恵まれ食材の宝庫です。
北海道産食材とイタリア産チーズ、そして色々な顔を見せてくれる自家栽培の採れたて野菜を融合し、レヴァーロならではの味を皆様にご提供しています。
こだわる理由はシンプルに「おいしいね」、その感動を求めて。

こだわりの食材

北海道ならではの食材を主体にしながら、本場イタリアの食材を活用しています。
移り変わる季節毎に合わせ食材を厳選。
旬の食材を求め、シェフ自ら生産地域まで足を運び仕入を行っています。
その時々にしか提供できないパスタもありますが、それはその季節の「旬」を新鮮な食材で味わっていただきたい。そんなレヴァーロのこだわりからです。

自家栽培

レヴァーロでは小さな自家菜園を持っています。
かぼちゃやヤングコーン、花ズッキーニなどを栽培し、数量限定ではございますが、季節ごとのお野菜を使ったパスタや料理をご提供。
御来店いただきましたお客様に、収穫したばかりの味を堪能いただきたい。その一念で始めた自家菜園です。

TOP